婚活応援

1年以内にスピード婚している男性の秘訣と共通点は〇〇

1年以内にスピード婚している男性の秘訣と共通点は〇〇

本気で短期成婚したいなら

9月末、30代後半男性が2名成婚しました

9、10月と、続々と成婚者が誕生しているラマーナですが、

お2人とも先日の台風の中、プロポーズを無事に終え、成婚退会となりました。

そこで、これまでの1年以内のスピード婚をしている男性の共通点を改めて洗い出し、分かりましたことをブログで報告します。

 

題名の〇〇は、素直 になります

せっかく仲人型の結婚相談所に入会下さったのに、

報連相を全く下さらない会員様も残念ながらいらっしゃいます。

9月成婚の2名の男性の例を挙げてお話しますね。

男性Aさんは、お互いの担当とお2人の意向で真剣交際中に双方の親御さんへご挨拶も完了しています。

これも、素直さです。

遠距離迄いかない、中距離でしたが、素直にアドバイスをお聞き下さり本当にコマめにデートを重ねました。

初めは女性は「まだAさんにそこまで気持がない」でしたが彼の思いやりと彼女への一途な気持で見事ゴールイン!

女性は、気持ちが上がる迄時間がかかることが多いですと、アドバイスを素直に受け入れてくれました。

彼女が大好きな彼、成婚退会の手続きで1カ月ぶりに会った彼は、イケメンになっていました。

Aさんやこれまで短期の成婚者さんの報連相ツールは

デートの度に「デート振り返り機能」を使い、報連相をくださいました。

振り返りは人にもよりますが、200文字から1000文字オーバー

それに対し、岩野が必ず返信をします。

週に一度、デートする方は、最低でも週に一度は報連相をするというわけです。

とくに、Aさんは非常にコマ目で、わたしとの報連相の内容も多かったように思います。

感情や心のあり取りは電話で行うことも多くありました。

それってめんどくさい!

ですよね。

わたしも婚活者ならそう思います。

でもね、面倒だからするのです。

理由は簡単で早く成婚退会して、婚活から卒業するためです。

しかも、好きな人と成婚退会するためです。

そうでなければ、わざわざ面倒なことさせません!(笑)

 

男性Bさんは、新幹線を使わないと行けない距離感の遠距離のご成婚

会える時は丸一日デート、会えない時はZoomで4時間5時間当たり前。

そんなに長く何を話しているの?と伺うと

「1週間の出来事が主な話ですね^^」なんと!細かい事でも伝え合える関係って素敵ですよね。

「会えない時は愛を育てる」本当にそうですね。

仲良し確定ですね。

 

AさんもBさんも、これまでのスピード成婚者さんたちも、

共通点は「素直」「いい人」「優しい」これに尽きると思います。

Aさんは、成婚退会のとき、「私は交際もはじめてなのだったので、とにかく岩野さんにアドバイスを貰いました」とおっしゃって下さいました。

しかし、手取り足取りではなく、自ら積極的に彼女に尽くしていきました。

そしてとにかく報連相がコマ目で丁寧でした

 

Bさんは分からないことや迷うことを、理解できるまで尋ねてくれました。

髪型、服装を完璧にプロのアドバイスを聞き入れたことで、めちゃくちゃカッコよくなりました!申込が沢山入りました。

 

お2人の経験から素直さが本当に大切だと、私も身に染みて実感しました。

自分はスペックが高いからとあぐらをかいてる方、スペックだけでは結婚はできません。

いえ、出来たとしても、貴方の条件だけに魅力を感じる女性ってどうでしょうか?

Aさん、Bさん、お2人は入会から成婚まで半年程度、スピード婚ですね。

なかなか、婚活が上手く行かいかたは、これまでの婚活を冷静に見直してみてはいかがでしょうか?

 

男性婚活のお役立ちブログ

99.1%の女性は男性の〇〇〇を見て交際を決める!

30代前半女性の成婚エピソード 男性必見ですよ!

 

婚活相談申し込みはこちら

 

 

 

MENU