30代前半男性「1年間自分なりに頑張ってみた」

また、嬉しいご成婚カップルの誕生です。

 

今年1月、(1月は入会の多い月です)お問い合わせは、

ちょうど1年前、お話を聞かせてほしいとお問合せだけ下さったAさんでした。

その時は都合が悪くなり

それからちょうど1年後、「実は1年前に問い合わせたAです」と初めましての初回面談でした。

 

 

ショッピングの同行を行かなくてよし!

たしか、初めてだと思います。

初回面談で着て来てくれた、洋服がセンス良くなんとも似合っている、

スタイルもよい!合格!

 

お見合い写真の服装を口頭で伝え、あとはAさんに丸投げでした。

大丈夫、彼のセンスなら絶対大丈夫と自信もありました。

 

写真撮影の当日、やっぱり素敵なAさん。

相談所の活動開始すると

なんと、男性は自分から申込0名

お見合い申し込みは1か月で98名でした。

 

岩野さん~イケメンのお話は聞きたくない~!

そういわず、本題はここから。

 

そんなAさんにも女性に関してはやはり悩みがありました。

交際しる女性と結婚にいたらないということ。

自分なりにやってみたけれど、この1年間上手く行かなかった。

 

だから、再度ラマーナに初回面談の連絡を頂いたのでした。

 

そんな中、自社内で3歳年下の女性会員へAさんを紹介しました。

お見合い交際と、順調に進展

話しが尽きない、会話が面白い、

お互いの相性の良さを感じ、3回目あたりのデートの時、

 

なんとまさかのAさん北海道の転勤命令!

大卒で10年以上、これまで一度も転勤はありませんでした。

入会の時も、「一応転勤はあると思いましが、一都三県ぐらいだと思います」なんて

おっしゃっていたので、

おーーーと!まさかの北海道!

 

余談ですが、私は北海道から嫁に横須賀まできたので、

北海道へ行くことはリアルに分かっているつもり。

 

ちょうど、そのころ、Aさんとお相手女性Cさんは真剣交際に進もうかと思っていたところでした。

Aさんから北海道転勤を伝えられ、泣きながら帰宅したCさん

 

父さんとCさんだけ2人暮らしでした。

ずっと実家暮らしのCさん。

 

どうなってしまうのだろう。

Aさんは「僕が1年前に岩野さんのところでサッサと活動しておけば良かったです」と、

反省と言いようのない、モヤモヤ、引継ぎの仕事や北海道に行き住まいを決めたり、

忙しい日々が続きます。

 

交際が継続するかわからない状況の中、真剣交際へ進みます。

(どうなってしまうんだろう…)

本人たちもわたしも全くわからない状況でした。

でも、まずは進んでみよう。

 

特別べったりとするわけでもなく、会った時は沢山話をして、会わない時はお互いにすごく忙しいから

LINEはあっさり。

それが返って、ちょうどよく心地よかった。

上手く行くときって、そんなもの。

 

ココでは語れない、仕事のこと、家族のこと、色々なことでCさんも何度涙したかわからなかった。

30年以上実家に居て、自宅を出ると思ったら北海道

 

でも、Cさんは覚悟を固めました。

退職願を出し、お父さんに彼を紹介しました。

 

結果はOK!

お2人には、私の自宅にも来ていただき、うちの主人と4人ではお昼ご飯を食べ、

主人とCさんのお父さん同じ年で笑ったりしながら、北海道ネタや横須賀ネタで盛り上がりました。

 

彼女が教えてくれたのは、「婚活で初めて人見知りしなかったのが彼でした。」

いつも人見知りしていたから。

 

コツコツ、1度も辞めると言わずに、本当にコツコツ頑張ってくれました。

きっと婚活は辞めたくて仕方がなかったと思います。

嫌なこともあったけれど、辞めるとは言わなかった。

 

最後に、お互いに取って、本当に気が合う相手に出会うことができました。

 

今回も、相談所やってて良かったと思わずにはいられない

出会いとなりました。

成婚お祝い会は、12月北海道で開催となりました^^

 

 

おめでとう~

AさんCさん

末永くお幸せに!