婚活応援

乗り換え婚活!たった4ヶ月で成婚退会できる3つの理由

乗り換え婚活!たった4ヶ月で成婚退会できる3つの理由

成婚ラッシュ中で、毎週のようにプロポーズや親御様のご挨拶を行っている、

横浜 横須賀の結婚相談所 婚活カウンセラーの岩野です

乗り換え婚活!たった4ヶ月で成婚退会できる3つの理由

今回もめちゃくちゃ短期成婚の30代後半のMさんの体験談です。

30代後半にもなると、成婚退会まで時間がかかる方が多い中、短期の成婚を叶えました!

不規則な仕事で出会いは、コロナのご時世でもあるから、全く出会いはない。

アプリの婚活を行うも、付き合うまでは行くけれど結婚までは届かない事を繰り返していました。

そんなMさんが、活動を開始、4ヶ月で成婚退会を行い、結婚への準備が整いました。

成婚退会は早い方と遅い方の違いも含めて書いて行ければと思います。

このブログを読んでくださった方が、婚活の視点を少しだけ変えることが出来ると思います。

みなさんの婚活が一日でも早く卒業できます様に。

では、本題

成婚退会が早かった3つの理由

①返事が早い!

婚活カウンセラーをしていると返事が遅いかた本当に多いですね。

当会の場合、男女の比率が5:5とちょうどバランスが良い感じですが、

男性がいつも「岩野さんデート場所の相談に乗って下さい」「岩野さん、交際中の〇〇さんデートの場所提案したんですが、返事が来ません」「LINEの返事が3日ぐらい来ません」などなど。

非常に返信が遅い女性が多く、婚活をするために活動しているのに、どうして返事が遅いのか?男性の対応にご不満なのか、それともデートのとき、「最近忙しくて」と伝えているから察しての欲しいのか、それともデート場所がご不満なのか。連絡が来ないから検討が付きません。

(自覚がない女性もいるので、ご自分がLINEの返信をその日のうちに返していない場合は、返信が遅いと認識した方が良いかもしれません。)

しかし、Mさんは返信が早く、私にも返事が早いので、デートの進展がサクサク行くのです。

ですから3名程の男性と、週1のデートを行うことが出来ました。

なかに1名2週間空く方もいれば、週に2度お会いできる方もおりました。

その差は2週間で1回のデートと、2週間で4回のデート、結果4回のデートの彼と成婚したのですが、

お互いに最善を尽くし、できるだけサクサクと返信をして、デートを回数重ねる

これは、間違いなく成婚への近道です。

②受け身ではない

Mさんの、凄いところは、受け身ではありませんでした。

デートの頻度が多くなった時、「岩野さん、密にならないデート場所ありますか?」と質問を受け、お答えしましたがすぐに彼にも提案をして、翌日にはデート場所で交際画面に入力されていました。

私からしても、こんなにスピード感をもって行動を起こして下さると、気持ちがよいですね。

彼の提案に乗っかりながらも、自分からも提案する。お互い様の気持ちですね。

デートは一緒に作っていくもの、婚活女性は忘れないで欲しいですね。

それが出来ないのであれば、デート場所や内容を考えて下さったことに、感謝の気持ちをもって、

言葉にしてお礼を伝えてはいかがでしょうか?

それもなければ、ん!?大人である以上、スムーズな人間関係を送れない方かもしれません。

または、相手によって態度を変えるタイプの方でしょうか。

気を付けたいところですね。

 

③決断力が早い

圧倒的な違いは、この決断力の早さです。

いまだにですが、こんなに早く決めていいのだろうかとプレ交際から真剣交際に進むだけなのに、とてもとても斜に構えて臆病になっている方が多いようです。「まだ家族の事や将来(20年以上先)の同居するかしないかの確認」「貯金額の確認、元カノの確認」「今まで相談所で出会った人の確認」おまけに、私って、こんなところもあんなところも、性格が悪くて文句が多い女だけど大丈夫の確認と、確認だけはしておいて、まだ確認すること所はなかったか、メモに書き留めながら確認して、伝えてを繰り返す女性は、一生結婚できませんね。

だって、答えは出ないから。

自分自身のことだって、来年だって断定的な絶対なんてありません。

なのに、絶対に損しない!絶対に選び間違えたなんて思いたくないと、自分の徳ばかり考える女性(男性も)そういう人に限って、結果的に損しちゃうんだけどね。婚活カウンセラーの私としては、応援はしますよ、もちろん皆さん同じように応援します。

だけど、うんざりってこともあります、正直なところ。

それとは逆に、自分のことより相手のことを考えているところが見えると、幸せになってほしいと心打たれるものがありますね。

だから全力で応援します。

結婚は本当にお互い様です。

私の好きな言葉で万事塞翁が馬って中国の言葉があります。

説明は下手なので、是非ググってほしいです。http://chugokugo-script.net/koji/saiougauma.html

人生の幸不幸や吉凶は変転するものであり、人間の予想や思惑どおりにはならない

って意味、これは結婚したら本当に納得できるぐらい腑に落ちると思います。

そんな風に、いつまでも選り好みしないで、自分をいいと言ってくれる人と良い関係を作れるかという事。

優しい目線で見つめるのか、厳しい目線でジャッジするのかでは、全く違う味方になります。

って言うことは、相手ではなく自分の見方によって、見え方が変わるのです。

決断力の早い方は、完璧なお相手と出会ったわけではなく、優しい目線でお相手を見ることが出来た人、

だからお相手も自分を、優しい眼差しで見てくれるのですね。

足りないところは自分に何ができるだろうか、補えあって1人前でいいじゃないでしょうか。

人は、誰かに必要とされることで自分の存在価値が高まることに幸せを感じると言います。

逆にすべてが備わっている自分にとって完璧に思う人は、分け与えるところが無いので、自分がお相手の何か役に立てる存在なのか?と思い、幸せ感が薄らいでいくといったお話も聞いたことがあります、とても納得が出来ました。

だって人は誰かに必要とされることが大好きだからです。

 

また、決断力の早い人は、婚活が終わることは、スタートであることを理解しています。

婚活が終わることはゴールではありません。

本当にそれに気が付くのは、成婚退会して結婚の準備の時かもしれません。

終わったと思ったらスタートだった~!

だから、サッサとスタート地点に立ってほしいのです。

 

今日も最後までありがとうございました。

脱線して、仲人のつぶやきみたいなテンションのブログになってしまいました

良い週末を^^

 

MENU